同一市内に引越しする場合の役所での手続きについて

通常、引越しする場合は、前の居住地で転出届、新しい居住地で転出届、と2回の届け出を行う必要がありますが、前の居住地と新しい居住地が同じ市内にある場合は、転居届を提出するだけで手続きは終わります。

転居届は、転居した日から14日以内に行います。
役所の窓口で「住民異動届」という所定の申請用紙に必要事項を記入して提出します。
このとき、本人確認書類として運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カードなど、官公署発行の顔写真付きの証明書が一つ必要になります。
健康保険証や年金手帳などの、顔写真付きでない証明書の場合は2つ必要です。
また印鑑も必要な場合がありますが、認印で構いません。

転居届はこれで終わりですが、引越し時には転居届以外にも行わなければいけない届け出がいくつかあります。
まず、国民健康保険に加入している場合は国民健康保険加入者の住所変更の手続きが必要です。また、住民基本台帳カードを持っている場合、表面に記載されている内容の一つである住所が変わることになるので、「住民基本台帳カード表面記載事項変更届」を提出する必要があります。
どちらも役所で届け出ができるので、必要なものをチェックしておき、転居届提出と同時に行っておくとよいでしょう。
なお、国民年金や印鑑証明については、転居届を提出した後に自動的に住所変更がなされる場合がほとんどですが、念のため転居届提出のときに確認しておくとよいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*